電子辞書比較


電子辞書とは
電子辞書とはコンピュータを使った辞書の総称です。 電子辞書とは、ハードディスクやCD、フラッシュメモリなどの媒体、あるいはネット上にある辞書データを、コンピュータによって検索・表示する装置およびソフトウェアを総称して指します。
電子辞書とは、広義では上の意味ですが、一般に「電子辞書」と言う場合、携帯型の専用装置つまり単独で辞書としての機能を持つ機械、を指すことが多いようです。
電子辞書とはいえ、やはり万能というわけではありません。使い勝手はそれなりにいいものが多く出ていますが、「あまり頼りすぎると頭が退化する」という評価もあるようです。
しかしながら、電子辞書は高校生の必需品という言われるようになり、語学学習に古典・漢字・国語辞典など様々な用途として使われています。また、最近では大学入試のためのセンター試験対応電子辞書なども現れ、リスニングテストの問題を収録している電子辞書もあります。
自分の目的に合わせた電子辞書を上手に選んでください。

電子辞書比較のポイント


 電子辞書はコンピュータを使うため、大変便利で検索も速いです。それゆえ、当然のごとく需要も増え、今では各社が大変優れた商品を出しているため、電子辞書を買う際に、各社の電子辞書比較して、自分に適したものを選ぶことが可能になっています。

電子辞書比較において重要なことは――― ・ハード面(単独利用か、PC端末を使うタイプなのか) ・辞書の内容(学習補助・語学辞書・百科事典などの充実度) ・表示画面 (モノクロ・カラー・画面の大きさ) ・操作性 (キーの大きさ・配列など) ・値段 ・特に外国語モデルの場合は、音声機能が付いているか ・(専用機の場合)大きさ、重さ、デザイン このようなことを念頭において、各社の電子辞書比較してみることが大切です。
そして電子辞書選びの最も大事なことは、機能が充実している電子辞書を最優先にして選択するより、自分が最も重要視する(使う頻度が高い)所の使いやすさを重視した電子辞書を選んだ方が良いと思います。
「多機能=自分にとってのベストな電子辞書」であるとは限らないことを頭においていただきたいと思います。(個人的な意見ですが・・笑い)

電子辞書とは・・・

 電子辞書とはコンピュータを使った辞書の総称です。


 電子辞書とは、ハードディスクやCD、フラッシュメモリなどの媒体、あるいはネット上にある辞書データを、コンピュータによって検索・表示する装置およびソフトウェアを指します。


 電子辞書とは、広義では以上の意味ですが、一般に「電子辞書」と言う場合、携帯型の専用装置を指すことが多いようです。


 電子辞書とはいえ、やはり万能というわけではありません。使い勝手はそれなりにいいものが多く出ていますが、「あまり頼りすぎると頭が退化する」という評価もあるようです。個人的には、電子辞書は、紙の辞書と併用するのがいいのではないかと思います。

受験勉強などに利用する際に、瞬時に探せる電子辞書は大いに役に立ちますが、やはり一覧性という点では、紙の辞書にはかないません。

携帯に便利な電子辞書ですが、家庭学習などで例文比較などを行う際、事例参照などをする際は、一覧性に長けている紙の辞書に軍配が上がるように思います。

電子辞書とは何?

電子辞書とは何?


 電子辞書とは、広義ではネット上、もしくはハードディスクやCD・DVDなどのメディアにある辞書データを、コンピュータを使って検索・表示するシステムを指します。


 また、電子辞書とは、メディアに保存されている辞書データそのものを指すこともあります。


 とはいえ、電子辞書とは、上記のようなものを指す一方で、実際には、携帯型の専用装置を指すことが一般的だと思います。


 電子辞書とは、あくまでも辞書の一種。電子辞書だけですべての調べものをこなせるわけではありません。かく言うわたしも、実は紙の辞書と併用しております。


 電子辞書とは、決して万能なものではないということを念頭に置いた上で、電子辞書を選びたいものです。

電子辞書の比較のポイント

電子辞書の比較のポイント


 電子辞書はコンピュータを使うため、大変便利で検索も速いです。それゆえ、当然のごとく需要も増え、今では各社が大変優れた商品を出しているため、電子辞書を買う際に、各社の電子辞書を比較して、自分に適したものを選ぶことが可能になっています。


 電子辞書の比較において重要なことはいくつかありますが、主なものとしては、


 ・ハード面(専用機もしくはパソコンなどの端末を使うタイプのいずれか)

 ・辞書の内容

 ・表示画面

 ・操作性

 ・値段

 ・特に外国語モデルの場合は、音声機能が付いているか

 ・(専用機の場合)大きさ、重さ、デザイン


 このようなことを念頭において、各社の電子辞書を比較してみると、自ずと自分のニーズに合ったものが浮かび上がってくるのではないでしょうか?


 電子辞書は決して安いものではありません。購入の際は慎重に比較して、どれがいいかを決めたいものですね。

電子辞書のタイプの比較

電子辞書のタイプの比較


 電子辞書が普及している現代では、各社がそれぞれ優れた電子辞書を発売しています。これらの電子辞書は、単体で見ると、それなりに使い勝手が良さそうですが、これらの電子辞書を比較することによって、より自分に適したものを知ることができるでしょう。


 電子辞書は、大きく分けて、以下の3つタイプに分かれます。まずはこれらの長所・短所を比較してみましょう。


 ・ローカル型:CDやDVDなどの媒体に格納されたデータ及びソフトを、ユーザーがパソコンや携帯電話を使って操作・閲覧するもの。

 ・オンライン型:サーバーに格納されたデータに、パソコンや携帯電話等の端末を使ってアクセスし、閲覧するもの。

 ・専用装置型:辞書に特化した機種で、辞書データを格納したROMと、キーボードおよびディスプレイが一体となった、携帯型のもの。


 まずはこの3つのタイプを比較し、自分の用途に合ったものを選ぶと良いでしょう。その次は、自分が選んだタイプの中でさらに商品を比較して、自分のニーズに合ったものを絞り込んだらいいと思います。

カシオの電子辞書

カシオの電子辞書


 電子辞書の代表的なメーカーの一つに、カシオがあります。


 カシオは、電子辞書のシェアにおいてはトップの地位を誇っています。もちろんトップなだけに、カシオは様々な機種を取り揃えています。


 電子辞書は、受験生やビジネスマン、出版業界の人などが仕事上で必要に迫られて使うだけでなく、外国語の勉強や旅行などのプライベートなシーンで活用するといった用途もあります。その点カシオは、いかなるシーンや用途においても、それぞれにふさわしい機種を提供できるメーカーです。また、カシオの電子辞書は、機能の拡張性にも優れています。


 カシオのこうした特徴から考えるに、電子辞書選びにあまり時間をかけたくない人は、カシオの電子辞書の中から選ぶのが無難かと思います。

シャープの電子辞書

シャープの電子辞書


 電子辞書業界においては、シャープも有名なメーカーの一つです。電子辞書のシェアにおいては、シャープは業界で第二位です。


 シャープの電子辞書の特徴をあえて挙げるとしたら「軟派」。といっても、悪い意味ではなく、シャープの電子辞書には、デザイン・機能ともに、程よい遊び心があります。実用性をさりげなく満たしながら、しかし、電子辞書初心者の人にも付き合いやすく親しみやすい機能とフォルム――「ムダなものはキライ」という人はともかく、電子辞書を楽しんで活用したいという人にとっては、シャープの電子辞書は適しているのではないでしょうか?


 シャープの電子辞書は、このような特徴から、プライベートで使う方にはいいかもしれませんね。あるいは、楽しんで仕事をしたい人にも、ちょっとした「癒し」をもたらしてくれます。

セイコーの電子辞書

セイコーの電子辞書


 セイコー(SII)の電子辞書業界でのシェアは、カシオ・シャープに次いで第三位です。


 セイコーの電子辞書の特徴は、何といってもパソコンライクな機体のデザイン。セイコーの電子辞書が採用しているノートパソコンライクなキーボード(「カイテキー」)は、日頃パソコンに馴染んでいる人にとっては、とても使いやすいものと思います。


 セイコーの電子辞書の優れた点は、ハードだけではありません。搭載している辞書だって、実用的で使いやすいものばかり。ビジネスに、プライベートに、受験勉強に、あらゆるシーンで役立つ、素晴らしい機種が揃っています。


 セイコーの電子辞書、特にパソコンユーザーの場合は、こちらを選んでもいいかもしれませんね。